「マルツナガルの収支」




完全に個人でアート活動をしています。1人で描くだけでなく、グッズを製作し、ネットショップを使い、事務作業をして、梱包発送、営業、必要なところはプロにお願いしながら、裏方は全て母が1人でやっています(母別の個人事業しとりますが)。


今現在の活動にかかわる予算が必要な方に参考になればと、記録しておこうと思います(2020年版)。


画材代は昨年65000円、梱包発送費用、慰安旅行ホテル代2人分。この辺までは余裕で原画販売や作品使用料で賄えています。


マグカップとコーヒーの仕入れが30万をこえていて、これはまだ売切れていませんが、今年上半期には売りきる予定。売り切ると収入となり、外注などの予算にまわります。彼女への給料もここから今毎月支払えています(今年はもっと普段の彼女の生活費を給料でやりくりしたい)。


ホームページやブランディングやデザイン、プロへの外注が100万近くかかっていますが、これも数年間使用する大事な広報などです。


とはいえ、趣味を超えた活動にするにはやはり覚悟が必要だと思います(私も時間かかりました)。でもなんとか素人ながらやっていけそうな気がしています。いや、全然まだまだですけど、ここを頑張ろうとか見えてきた‼️


マグカップが数百個とか届くと、正直胃が痛くなるけど、それでもアートを通しての広がりや出会いややり甲斐は遥かにそれを上回ります。めちゃやってよかったです。


やりたいから、やり甲斐があるから、まだまだ娘と新しい世界を今年は旅していきます。皆さん、マルツナガルをいつも応援してくださって、ありがとうございます。

0件のコメント